カードと現金は使い分けが大事【投稿N.Kさん】

クレジットカードはインターネットでの買い物を一括で決済したり、インターネットで予約した旅行の代金の支払いをする時に、お店などに行かなくても銀行口座から引き落としにできるのでとても便利です。
お店で買い物をする時も、現金をたくさん持って行かなくても欲しいものを買うことができます。
あると便利なクレジットカードですが、何でもクレジットカードで決済すると、自分が思ったよりも大きい金額を自分でも気付かないうちに遣ってしまっていたということもあるので注意が必要です。
支払いのため、給料日から金欠になるような人も中にはいます。
クレジットカードと現金を、何にお金を遣うかによって使い分けることが一番良いことだと思います。
私はクレジットカードはインターネットでの買い物や、少し高い買い物をする時に、ある程度現金を持って行って足りない時に使うようにしています。

カードは怖いので少し控えめに使っています。

基本的には現金でほとんどの買い物をします。
その方が、自分がお金を遣い過ぎていないかどうかが把握しやすく無駄遣いも防げます。
現金で支払えば、あとから支払いをする必要がないのであとで金欠にならないところが良いです。
でも現金でも金欠になるときはあります。そういたっときに使うクレジットカードは危険なので気をつけましょう。

いざというときに役立つクレジットカードですが、一時的なものとして捕らえたほうが毎日の生活が楽しくなると思います。
私はこれからも正しい判断をした上でクレジットカードを使用し生活に役立てていきたいと思います。
便利だけど頼りすぎないようにし、現金を中心にしてクレジットカードは困ったときに使うようにしています。