お金について言いたい!(投稿キーワード年金)




確定拠出年金という年金制度の運用上不便な事

– 投稿:winさん

これを見ている方はどの様思われるでしょうか?
私はこんな体験をしました。10年ぐらい前の事です。当時、私は派遣会社の正社員として入社した際の事です。年金の積立制度の説明があるというので、どんな話?と思いつつ説明を聞く事にしました。内容は、これまで聞いたことのない確定拠出年金??の仕組みと加入についてでした。これまで、年金の種類にK401(確定拠出年金)なるものがあるだなんて初めて知りました。
なんでも、K401という年金制度は、その頃、
導入をする企業が増えているということでしたが、より詳しく説明を聞いていった所、年金の積立は毎月の給料と企業からの積立拠出と運用は、個人が指示を出し、運用商品を選んで運用するという年金制度というもので、そこまでは理解出来ました。個人資産を個人の指示で運用し、運用利益で年金の積み増しをするという画期的なものとかんじました。しかし、
落とし穴みたいな仕組みでした。なんと積み立てた個人年金を取り崩したり、払い出しをする事がほとんど出来ない制度でした。こんな年金制度があるなんて!!

個人年金保険で、リスクを回避しながら着実にお金を増やす

– 投稿:oriさん

現在、老後の資産運用対策として、個人年金保険に4件加入しています。商品の内容は、積立額が満額で700万円台~1000万円で、保険金の受け取り時期は55歳~70歳まで、貨幣は円建て、米ドル建て、豪ドル建てと、様々です。一番早くて55歳から保険金を貰えるようにしているのは、早期リタイアを眼中に置いているからです。様々な貨幣建ての商品を併用している理由は、どれかの貨幣が価値が下がって元本割れした場合も、他の貨幣でカバーする為です。つまり、リスクヘッジという訳です。当初、資産運用の方法として、個人年金保険以外に様々な方法を検討しました。しかし、投資信託は何かと面倒臭そうで、国債は利率があまりよくありません。社債となると利率は上がるものの、破綻リスクが生じます。また、FXはリターンは大きい物の、リスクも大きいので危険過ぎます。定期預金は安心度は一番かもしれませんが、利回りが低過ぎて資産を増やす効果が殆ど望めません。結局、個人年金保険ならそこそこ利回りが良く、一番堅実な方法であると考え、その選択となりました。