「マネパカード」を使わないと為替手数料で損をする!海外旅行者が持つべきお得なプリペイドカード




海外旅行で両替手数料を考えないと損をする

旅行の両替で一番もったいないと思うのが両替手数料です。

  • 日本円から外貨に替えるとき
  • 余った外貨を日本円に戻すとき

両方とも手数料を取られるので2重どりをされて損している気分になります。

この手数料を浮かせるために少しでも節約しようとクレジットカードを利用している人も多いはずです。

しかし海外では田舎ではクレジットカードに対応していないレストランがあったり、突然キャッシュ(現金)が必要になることもあります。

そんなときは「クレジットカードのキャッシング機能を使って金利のかからないうちに返済すると実質手数料ゼロになる」ちょっとした裏技を使うことで回避することもできます。

キャッシングのデメリットは返済を忘れると両替手数料以上のお金が取られるので、できれば使いたくない機能です。

一番いいのは「手数料が限りなく安くて安全」な決済機能

  • ATMから現金を引き出せる
  • クレジット機能もついている
  • 為替両替手数料が限りなく安い

でも裏技的な面倒なことはしたくない。そして何より海外旅行では安全が第一。

盗難にあうことは日常茶飯事なので、お金の被害を最小限に食い止めるのは絶対条件です。

そんな条件をすべて満たすのが「マネパカード」です。

マネパカードはFXの会社マネーパートナーズのプリペイドカードです。

1枚のカードで、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルがチャージできます。

手数料はクレジットカードの半分以下なのでかなり激安です。

そしてさらにおススメする理由があります。

日本円に再度両替するときは「無料!!」

海外から帰ったとき、あまった外貨を「手数料がかかるから」といって日本円に戻さずにとっておくことがあると思います。

でもマネパカードなら

現金でマネパカードへチャージ

渡航先の外貨へ両替(クレジットカードの半分以下の手数料)

ショッピング、ATMで外貨を引き出し

帰国後あまったお金を日本円へ両替して現金を引き出す(無料

やっぱり帰国後の両替無料は魅力的です。
マネパカードなら無料なので気軽に日本円に戻すことができます。だから心理的にも安心して使えますね。

クレジットの機能として「ショッピングプロテクション(ショッピング保険)」もついています。

もしマネパカードが盗難されても「プリペイドカード」なので損失はチャージ分だけで済みます。海外では盗難に会わないとは言い切れません。

旅行では紛失や盗難はつき物です。こういったときに困らないようにすることも大切です。

マネパカードは、ほぼ誰でも作れます。

無審査というと語弊がありますが、プリペイドカードなので与信審査はありません。

16歳以上なら誰でも作ることができます。

使い勝手は他の海外専用プリペイドカードと比べても良いと言えます。

登録時にマイナンバーの提示が必要になりましたが、登録は至って簡単です。 
 

マネパカードの口コミ 評判

最後に

昔からFX口座を使った為替両替手数料を浮かせる方法というのが裏技として紹介されています。

しかしマネパカードを運営するマネーパートナーズはFXの会社です。

そのFXの会社がプリペイドカードを作ったことで、今まで裏技だったことが簡単に安く当たり前のように利用できるようになりました。

海外へ行く人におすすめのプリペイドカードです。

マネパカードの申し込みはこちら|公式サイト

コメント

  1. 香港マカオ旅行では注意が必要、また年末年始にも注意が必要 より:

    年末年始の香港マカオ旅行でマネパカードを使用しました。
    あらかじめ日本でチャージして行き、滞在中に都度HKDに両替して運用していましたが、12月30日の午前中までは香港内ではATMでの引き出し、マスターカードでのショッピング共に問題なしでした。しかし12月29日にマカオに渡航した際には問題が発生しました。
    まずマカオではマネパのマスターカードでのショッピングは出来ない事が判明しました。
    また、マカオ内のATMでの現金引き出しはHKDのみで、しかも500HKD単位でしか引き出せません。
    なので、マカオではマネパ以外にもVISA対応のクレカが必須でした。
    またこれはマネパが悪いわけではないのですが、12月30日の現地時間14時過ぎに、あらかじめ日本でチャージしていた金額が不足してしまったのでマネパにチャージしようと思い、先ずはネットバンキングにて日本の自分の銀行口座からマネパの口座に振込しようとしたところ、日本時間では15時を過ぎてしまっており、銀行の年内振込業務が終了してしまっており、結局他に用意していったVISAカードで旅行を終えました。
    結局、マネパだけでは香港マカオ旅行はまだ不安定だと感じました。

    一般的なクレカもしくは海外用キャッシュカードを用意していくこと、または多めに予めチャージしておく事をオススメします。

    • マネパが便利だとしてもイザというときのバックアップは必要ですね。
      香港・マカオならVisaとあわせて銀聯も持ったほうがいいかも。MUFGカードが追加で銀聯カードを発行できるようになっていました。

      貴重な体験情報をありがとうございました。

  2. マカオでマネパカードが使えない理由がわかりました より:

    「香港マカオ旅行では注意が必要」さんの投稿へのレスです。
    私も昨年7月にマカオに行った際にマネパカードが使えず(香港では使えた)、てっきり暗証番号を忘れてしまったのだと思って、帰国した後にカード再発行をお願いしようとコールセンターに問い合わせたところ、
    「○○様は、マカオで3回ご利用しようとして失敗している履歴が残っておりますが、これは暗証番号が間違っていたからではなく、米ドルが入金されていないからでした」
    との事でした。マカオで利用するには香港ドルではなく米ドルがチャージされていないとダメなんだそうです!そんなの先に教えといてよって感じでしたが、香港で利用した際はいずれもサインでしたので、暗証番号を使用する機会が無かった為、気づきませんでした。
    というわけで皆様、マカオに渡航する際はお気を付け下さい。